屋根付き駐車場が良い理由

 

自動車のボディ塗装は紫外線や雨の影響を受けやすい材質となっています。
特にソリッド系の艶の無いタイプのものや、赤、黒色などの自動車はその影響を強く受けることになってしまいます。
その影響を緩和するために自動車のボディにはワックスやコーティングなどを施し、皮膜を作りボディを守る対策をしますが、一度雨が降れば効果は低下しますし、定期的にメンテナンスを施さなければなりません。
なので自動車のボディを長く綺麗に保つためには、屋根付きの駐車場に保管することが一番良い方法になります。
ボディに施したワックスやコーティングの皮膜も屋根の下であれば、その効果は長くなりますし、雨や紫外線の影響を受けません。
また、落雷やひょうなどの自然災害や埃などの汚れからも守ることができます。
ですが、屋根付き駐車場に自動車を保管できる環境の方は少ないと思います。
そんなときには日陰に自動車を駐車するだけでも、日向に自動車を駐車するのとは大きな差がでます。
ですが木陰ですと木の樹液や葉、毛虫の糞などが上空より落下しかえってボディを痛める原因を作ってしまう場合もあるので、注意が必要です。
自動車のボディを綺麗に保つためには、日ごろからの注意が不可欠です。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。