駐停車テクニックでタイヤを長持ち

 

車のタイヤを長持ちさせるには、車の運転を乱暴に行わないが第一です。
特に急が付く運転は厳禁で、急発進、急ブレーキ、急カーブなどは極力避けるべきです。急発進や急ブレーキの場合はタイヤ表面にかかる負担が大きくなり、グリップ力を得るために摩耗してしまいますし、また急激に発進、ブレーキをすると車体の前または後ろが沈み込みその方向にあるタイヤに負担がかかります。
急カーブの場合にも、遠心力により外側のタイヤに負荷が掛かるため、摩耗してしまいます。このカーブでの摩耗は速度を出せば出すほど大きくなるため、カーブでは十分に減速し曲がることが重要です。もちろん、これらの急な運転はタイヤだけでなく車全体にも負担が掛かるため、車自体にも悪影響を及ぼします。
それに停車するさいにも縁石にタイヤをぶつけたりこすったりすると、次第にタイヤのアライメントが狂い始めてタイヤのバランスが崩れてしまい片方のタイヤが減ってしまう原因になります。一方で発車時のサイドブレーキの解除のし忘れもタイヤに負担が掛かるので注意が必要です。またマニュアル車においては、回転数を上げ過ぎる前にシフトチェンジをすることにより、タイヤの摩耗を防ぐことができ、また低燃費の運転が可能になります。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。