トラックの後ろを走るのは避けよう

 

車を運転するうえで、どうしても出てきてしまう場面があります。
それは、トラックの後ろを運転することです。
高速道路などだと、スリップストリームというものが発生し、ガソリンの燃費がものすごくよくなるのです。
しかし、これには大きな罠があります。
燃費のためと後ろを走っていると大きな事故に巻き込まれることが多くなっています。
燃費をよくするのには距離を縮めるとよくなります。
しかし、距離を縮めるとブレーキが頻繁に踏むようになるので前がよっぽどうまいドライバーではない限り燃費もよくならず、危ない走行となってしまいます。
すると、ブレーキの点検の頻度を上げなくてはいけません。
ブレーキの点検を怠ると、エアクリーナーが汚れてしまい燃費の低下に繋がります。
このように最終的には燃費がよくなったのは少しだけであり、しかも人生を棒に振ってしまうような危険な行為なのです。
これからの時期は燃費が悪くなっていくので出来るだけ燃費をよくしようとする人が増えていくと思います。
燃費のためとはいえ自分の身に危険が及ぶのでは意味がありません。
大きな事故を起こしてから後悔をしても遅いのです。
丁寧な運転を心がけて安心で安全な移動をしていきたいですね。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。