AT車・MT車の燃費の違い

 

自動車のギアチェンジ方式には、オートマチックとマニュアルの2種類があります。
これは単なる操作方法の違いだけでなく燃費にも大きく影響してくる要素であるため、エコドライブを心がけるならその違いについて知っておくと便利です。

まずAT車の場合、ギアチェンジは車が判断して自動で行われます。
ドライバーはシフト操作に気を取られないため運転はしやすいのですが、ガソリンの消費量に関して言うと、MT車よりも若干悪くなるのが一般的です。
なぜならAT車では、ギアが変わるまでに多少のタイムラグがあるためです。
上のギアに変わるまでにエンジンパワーの最も良い所を使うことができず、下のギアで無理に引っ張ってしまうことがあります。
それが結果として無駄な燃料消費につながってしまいます。

一方のMT車の場合、ドライバーが自分の判断でギアチェンジすることで、エンジンパワーを効率よく使うことができます。
坂道を登るときなどでも早めにギアを下げることで軽やかに登坂できるようになり、無駄なガソリンの消費を抑えることにつながります。
最もこれはギアチェンジの上手なドライバーにのみ当てはまり、瞬時に判断できない人の場合にはかえってガソリンを無駄にしてしまうこともあります。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。