雨の日は燃費が悪い

 

雨の日には燃料を多く使用すると言われていますが、理由に関しては分からない人が多いはずです。単純に考えても分かることは、道路に水たまりができることでタイヤの転がり抵抗が増えてしまう点があります。燃料消費量を抑えるには、直接抵抗となる路面とタイヤとの接地抵抗を減らす必要があるため、水によって抵抗が増える場合には燃料消費量が多くなってしまうのです。タイヤの抵抗が水たまりによって増えてしまうため、実際には多くアクセルを踏み込まないと晴れの日よりも車が進まない状況となってしまうのです。アクセルを多く踏む分だけ燃料を多く使用するため、雨の日には燃費が悪くなってしまうと言えます。現在の車は電子制御によって燃料噴射量を決めていますので、天候によって制御方法が変わるシステムとなっています。一般に雨の日は気温が低くなるため、エンジンにとって重要になる吸気温度を下げることが可能です。吸気温度が下がるとエンジンにとっては高出力を発揮できる理想の状態ができるため、出力が向上することなります。エンジンの出力は燃料を多く燃焼させなければならないため、気温が低いと結果的に燃料を多く消費するのです。燃料消費量は運転方法によっても変わりますが、気温や天候によっても変わるのです。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。